So-net無料ブログ作成
日本語教育 ブログトップ
前の10件 | -

し、よ、よん… [日本語教育]

今月から始まった僕の担当コースも、動詞が少しずつ出始め、
言いたいことが少しずつ言えるようになってきています。

今朝も、休憩時間に用事があったので教室へ行って、
昨日少し頭が痛いと言っていたEさんに、「もう大丈夫ですか?」と聞いたら、
ちょうど今日学習中だった「やりもらい」動詞を使って、
「Oさんに薬をもらいました」とつっかえながらでしたが答えてくれました。
そうやって習ったことを使おうとする気持ちはとても大事で、
これから半年(15週間)のコースでどれだけ力が伸びるか楽しみです。

続きを読む คลิกเพื่ออ่านต่อครับ


nice!(0)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

外国人力士の日本語 [日本語教育]

今日は、ある本をご紹介します。
日本語教育に興味がある人、外国語学習が好きな人なんかにおすすめです。

วันนี้แนะนำหนังสือเล่มหนึ่งนะครับ
แนะนำให้ใครๆสนใจการสอนภาษาญี่ปุ่นและการเรียนภาษาต่างประเทศครับ

外国人力士はなぜ日本語がうまいのか―あなたに役立つ「ことば習得」のコツ

外国人力士はなぜ日本語がうまいのか―あなたに役立つ「ことば習得」のコツ

  • 作者: 宮崎 里司
  • 出版社/メーカー: 明治書院
  • 発売日: 2006/01
  • メディア: 単行本

続きを読む คลิกเพื่ออ่านต่อครับ


nice!(0)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

日本語能力試験 [日本語教育]

今日は家の近所で外国人をたくさん見かけました。
なんでこんなに多いのかな?今日はと思っていたら、
今日が日本語能力試験の試験日だったことを思い出しました。
僕の学校も会場のひとつになっていて、それで外国人が多かったわけです。
そういえば、今週も1級の問題の質問に来た学生がいましたしね。

วันนี้เห็นคนต่างชาติหลายๆคนแถวบ้านผมอ่ะครับ
คิดว่า เอ ทำไมวันนี้มีคนต่างชาติเยอะขนาดนี้วะ?
ก็ผมนึกออกว่า วันนี้มีสอบวัดระดับภาษาญี่ปุ่น
โรงเรียนผมก็เป็นสถานที่จัดสอบแห่งหนึ่ง ก็มีคนต่างชาติเยอะอ่ะครับ
นึกออกอีกว่า อาทิตย์นี้มีนักศึกษามาถามเรื่องข้อสอบวัดระดับนี้ด้วย

続きを読む คลิกเพื่ออ่านต่อครับ


nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

日本語スピーチ発表会 [日本語教育]

既に同じタイトルの記事を書いたことがあるけれど、
僕が担当しているコースでは、半年ごとに学生が変わり、
半年ごとにこのスピーチ発表会がやってくるので、
今学期の分ということで、改めて書いてみたい。

僕がコーディネートを担当しているコースは半年間の集中コース。
まったく日本語ができない状態でやってきた学生も、
この半年間で集中して日本語を学び、
日本語でコミュニケーションができるようになる。 

今学期の学生は6人が日本語未習者、1人が既習者の合計7人。
年明けから発表の準備を始め、
1ヵ月ちょっとで原稿とパワーポイントのスライドを完成させて発表する。

発表の内容は、自分が今までに国で学んできたことと、
これから日本で学びたいことについて。
これを日本語で話すのだから、相当きつい課題だと思う。
だけれど、みんななんだかんだ言いながらこなしてきてるからすごい。

続きを読む คลิกเพื่ออ่านต่อครับ


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

TV「ガイアの夜明け」で日本語の授業 [日本語教育]

テレビ東京で放送されている日経スペシャル「ガイアの夜明け」
僕の住む地域では本放送から遅れて放送されているのだが、
テーマが結構面白かったりするので、たまに授業の中で使うことがある。

これまでにも、ニートや日本企業の海外での活動についての放送を
授業の中で使ってきた。

今年に入って「結婚しない男たち~30代前半未婚率42%の理由~」
という内容の放送があった。(テレビ東京での放送は昨年末)
とりあえずビデオに録っておいたものを見てみると、授業でも使えそうだったので、
今日の授業で使ってみた。

続きを読む คลิกเพื่ออ่านต่อครับ


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:学校

漢字の授業 [日本語教育]

今日は午後、漢字と文型の練習をするクラスの担当だった。
10月に来日して、ひらがな・カタカナを叩き込むように覚えた学生たちも
既に漢字の勉強を始めている。
(集中コースだからしかたないんだけど、このスピード、ある意味拷問かも…)

今日、僕が担当したのは一~十までの漢字と百、千、万、円、年という漢字。
昨日、読み方を導入しているので、今日はおさらいをして、書きの練習だ。
ホワイトボードに大きく書いて、書き順を見せながら説明する。

一、二、三まではいたってシンプルな形で、見ればわかるので、
学生も余裕の表情だけど、四が出てくると顔が曇り始める…。
とはいえ、三まででやめるわけにはいかないので、
いろんな方法で記憶に残るような説明をして、なんとか年までを終えた。

続きを読む คลิกเพื่ออ่านต่อครับ


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

外国語で電話するのは難しい [日本語教育]

日本語を勉強している留学生にとって難しいことのひとつが
日本語で電話をかけるという行為である。

今日も、アパートの隣の部屋の水周りの具合が悪くて、
自分の部屋にまで水が漏れてきて困るという学生の手助けをして、
水周りの修繕業者に電話をかけた。
もちろん、最初は練習だから自分でかけさせるが、
うまく状況が説明できなかったり、相手の言ってることがわからなかったりで、
「先生お願いします!」と電話を手渡されることになってしまう。

続きを読む คลิกเพื่ออ่านต่อครับ


nice!(0)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

学生いろいろ~外国語学習スタイル [日本語教育]

日本語を教える教師にも、いろいろな人がいる。
そして授業の進め方も教師によってさまざまだったりする。
それと同じように、学生の性格、学習スタイルもさまざまだ。

大ざっぱに意味がわかったと思ったら、それで返事をして、
実はよくわかっていないという学生もいれば、
一言一句、意味を理解しないと先に進めない学生もいる。

続きを読む คลิกเพื่ออ่านต่อครับ


歌って演じられる日本語教師 [日本語教育]

日本語教師の世界では、歌ったり踊ったり演技したり絵を描いたり
といった技があると何かと重宝する。

歌は、特に海外で教えていたりすると、「何か日本の歌を教えて!」
と言われることも多くて、そんなときに、すぐ1曲や2曲歌えると助かる。
別に流行りの曲でなくてもかまわない。
実際、ナーンで高校生に僕が教えたのは「ゾウさん」だったし…。
それでもものすごく喜んで一緒に歌ってくれるものだ。

僕がタイで教えていたときには、ちょうど「愛していると言ってくれ」が
テレビで放送されていて、それに便乗した僕はドリカムの「Love Love Love」を
授業で学生たちに教えたことがある。
日本語を取っている学生だけじゃなくて、その友達らしき学生までが、
僕の姿を見かけて「先生!歌うから聞いてて」と歌ってくれた。

続きを読む คลิกเพื่ออ่านต่อครับ


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:学校

一字違うと大違い [日本語教育]

これは僕が学生時代に友達の留学生から聞いた話。

その1:朝鮮族の中国人留学生Kさん
Kさんが日本語の授業で最近の自分について話したときのことである。
彼女は締めくくりに「時間に追われて充実した毎日を過ごしています」と言ったそうだ。
しかし、朝鮮語が母語の彼女には、語頭の「じ」の発音が難しく、
どうしても「ち」になってしまう。
しっかりと締めくくるはずだったKさんのスピーチは
「痴漢に追われて充実した生活を過ごしています」という文で終わった…

続きを読む คลิกเพื่ออ่านต่อครับ


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:お笑い
前の10件 | - 日本語教育 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。