So-net無料ブログ作成
検索選択

タイ王国商用ビザ(教師)取得までの道のり [徒然]

วันนี้ไม่มีภาษาไทยนะครับ
เรื่องวันนี้ก็การขอวีซ่าเข้าประเทศไทยเป็นครู

このブログでは初めての報告になりますが、
僕は4月からタイで生活をします。
職はこれまでと同様、日本語教育に携わります。

今は、引っ越しの準備やら何やらでバタバタなのですが、
先日無事にタイの商用ビザ(Non-Immigrant (B))が取得できたので、
ビザ取得までの過程を覚え書きとして記しておきたいと思います。 

ただし、これはあくまでHiroがビザを取得したときのケースということで、
今後ビザ取得に必要な書類などは変更になる可能性もありますし、
申請ケースによって求められる書類が変わってくる場合もありますので、
あくまでも参考程度に読んでいただければと思います。
同様のビザの申請を予定している方がこの通りに申請をして、
ビザがおりなかった場合、一切の責任は持てませんのでご了承ください。

僕は大阪のタイ王国大阪総領事館で取得しましたので、
大阪総領事館での取得例として読んでください。

まず、商用ビザ(教師)の取得に必要な書類(2013年2月現在)は、
以下のようなものです。

(1) ビザ申請用紙(1通)
(2) 写真(4.5cm*3.5cm、6ヶ月以内撮影のもの)ビザに貼る
(3) パスポート(原本および顔写真データ面のコピー)
(4) 航空券(eチケット)またはフライト予約確認書のコピー
(5-1) 日本の所属先からの推薦状(英文またはタイ文 原本)
(5-2) 身元保証書(英文 原本)と身元保証人の身分証明書コピー
(6) タイでの所属先からの招聘状(英文 原本) 
(7) 雇用契約書(英文またはタイ文 コピー?)
(8) 学校勤務許可証(英文またはタイ文 コピー?)
(9) 警察証明(犯罪経歴証明書)(外務省認証が必要)

(6)(7)(8)はタイで準備してもらうもの、それ以外は日本でそろえるものです。
(5-1)(5-2)はどちらかひとつでかまいません。
僕は今の勤務校から派遣されるわけではないので、弟に身元保証人になってもらい、
僕が作成した文書にサインをしてもらいました。
コピーで提出する書類はすべてA4サイズでと指定されています。

では、取得までの流れを時系列で書き留めておきたいと思います。

年末にタイに行ってきた際に、勤務校から(6)(7)(8)の書類をもらってきました。
実際、どのような書類が必要なのか、僕自身もよくわからないところがあって、
総領事館のページにこういう書類が必要だと書いてあると事前に伝えておいたのですが、
勤務校のほうで、問い合わせをして必要な書類を用意してくれていました。

(6)は総領事宛ての文書になっていて、
Hiroがここで働くからビザの発給よろしくお願いしますというようなことが
書かれたものでした。
(7)はずばり契約書。
各ページに学部長と僕のサインが入ったものですが、
原本を提出すると僕が困るのでは?と思い、コピーで出しました。
言われたら見せようと思って、申請時には原本も持っていきましたけどね。
(8)はタイ語の文書で、面接をしたあとの会議で採用を決定した文書の
コピーをくれたので、それを提出しました。

1月半ば、インターネットでビザ申請の情報収集をしました。
このとき、(9)の警察証明は住民登録のある場所の県警本部で取得と
書かれているのを見つけたので、県警本部に問い合わせをしました。
そして、どういう理由で警察証明が必要なのか説明したら、
記入済みのビザ申請用紙、現地からの招聘状等を持ってくるよう言われました。

ビザを記入するためには、渡航予定日なども決まっていなくてはいけないので、
まだエアチケットを取っていなかった僕は、その時点で手配をしました。
そして、申請用紙にも記入して、書類をそろえてから県警本部へ。

県警本部で警察証明の申請手続きをします。
警察証明の申請に必要な書類は以下のものでした。
・パスポート(原本)
・住民票または官公庁から発行され、氏名と住所が記載されたもの
・証明書発行の必要性が確認できる書類。
・申請手数料(証紙で450円分)
証明書発行の必要性を確認する書類として、僕が言われたのが
ビザの申請用紙と現地からの招聘状でした。

持っていった書類のコピーを取られたり、
指紋を採られたりして、申請は終了。
この書類、本人が開封すると無効ということで、中に何が書かれてるか、
とても気になりますが、開けてはいけません。
一週間後にできあがるということで、後日受け取りに行きました。

警察証明が取れたら、次は外務省の承認を受けなければなりません。
そのためだけにわざわざ大阪には行ってられないので、
僕は郵送で承認申請をしました。
角形1号の封筒に警察証明と承認申請書、返信用封筒に切手を貼ったものを入れて、
外務省大阪分室宛てに郵送しました。
HPには書かれていなかったのですが、
電話で確認したら簡易書留で送るように言われたので
往復ともに簡易書留指定で送りました。

外務省で承認されて戻ってくるまでの間に、
出身大学、大学院の卒業証明書、成績証明書、学位取得証明書の手配をしました。
これは直接ビザ申請には必要ないのですが、
場合によっては求められることがあるということ、
またタイ入国後に労働許可書を申請する際にも必要だということで、
それぞれ3通ずつ申請しました。

外務省の承認を受けた警察証明は、発送から1週間弱で戻ってきました。
母校からの証明書類も2週間弱で届いたので、
あとは、ビザの申請に行くだけです。

ビザは、申請の翌日に発給されるので、2日かかります。
申請時間は9:30〜11:30、受領時間は13:30〜15:00と決まっているので、
遅れないように行くことが必要です。
タイ王国大阪総領事館のビザ申請窓口は、堺筋本町から近いところにあるので、
迷うことはないと思います。

申請に行った際、そろえた書類を全部出したのですが、
(9)の警察証明だけ、今回は要りませんと返されました。
あれれ?と思いながら、もう必要ないってことですか?と尋ねたら、
労働許可書の申請のときにいるかもしれないから、持っててくださいと言われました。
なので、警察証明だけは、開封もできないまま、僕の手元に残っています。
申請手数料は9000円でした。

そして翌日、受領時間内に申請料の領収書を持って窓口へ出向くと、
無事、ビザが貼られたパスポートが僕の手元に戻ってきました。
これで安心してタイへ渡航できます。
まだ行ってからもいろいろな手続きがあるので面倒ですけどね。

ということで、これから申請される方の参考になれば幸いです。

よろしければクリックしてください。
อ่านแล้วคลิกหน่อยนะครับ
タイ・ブログランキング


nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 6

Taka

いよいよですね^^
僕は9月には日本に戻らないといけませんが、
こちらでお会いできるのを楽しみにしております

by Taka (2013-02-22 20:11) 

Hiro

Takaさん
そっか、Takaさんは9月に帰られるんですね。
でも、それまでには何回かお会いできますよね。
僕も楽しみにしています^^
by Hiro (2013-02-24 10:58) 

kingpai

\(^_______^)/ ยินดีด้วยค่ะ
by kingpai (2013-02-27 18:59) 

みほ

びっくりしたけど、いよいよ、、なんですね。
バンコクで会えるのを楽しみにしています^-^)/
by みほ (2013-02-28 21:26) 

taku320

ご無沙汰しております。

私はタイ在住ではありませんが、バンコクにオフィスがありますので毎月タイには行きます。

現地でお会いできたらよいですね(^^)
by taku320 (2013-03-13 00:30) 

Hiro

น้องไผ่
ขอบคุณนะครับบบบบ ^^

みほさん
もう目前に迫ってきました。
来週いったん実家に引き上げて、4月頭に渡航です。
バンコクで待ってますねー^^

taku320さん
毎月行ってらっしゃるんですねー。
きっとお会いする機会もあるだろうと思います。
そのときはよろしくお願いしますね^^
by Hiro (2013-03-15 10:36) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。